2013年12月19日

サルコペ二ア肥満とは

サルコペ二ア肥満とは筋肉量が減少した肥満のことを言うそうで、見た目はそこまで太って見えないものの、筋肉が少なく脂肪は多いため、高血圧や糖尿病になるリスクが高いといいます。
運動が不足すると筋肉細胞はやせ細って、もちろん運動不足で消費カロリー量が減少すれば余剰のカロリーは脂肪となって身体に蓄積されることとなり、高血圧や糖尿病など生活習慣病のリスクを高めることになります。
posted by mabou at 22:47| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

健康寿命について

日本人の平均寿命は戦後かなりのびているのですが、この頃は健康寿命が重要と言われているようで、寝たきりなどにならず、日常生活上特に健康上の問題なく生活できる期間が大事と考えられるようになっています。
約10年間の介護が必要な状態があるといいますから、平均寿命より健康寿命はそれだけ短いということになり、健康寿命をのばすためには生活習慣病の予防だけでなく、運動機能の低下によるロコモティブシンドロームの予防も大事と考えられます。
posted by mabou at 20:48| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

糖尿病と医療保険・介護保険

日本は世界的にも珍しいといわれる国民皆保険制度が維持されていますが、医療費や介護保険費用は上昇する一方のようで、このままではこうした保険制度の維持も困難になると考えられます。
そこで、生活習慣病の中でも国民病ともいわれる糖尿病を減らそうということで、健康診断の受診を促進して糖尿病を減らすべく食事や運動療法などの指導に力を入れていくということです。自分の健康のことですから、ぜひ健康診断は受けるようにしたいものです。
posted by mabou at 07:07| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

アメリカと炭酸飲料

アメリカでは健康志向の高まりもあって、炭酸飲料の消費が落ち込みが止まらないそうです。糖尿病や肥満の原因のひとつが炭酸飲料と考えられているようで、若者の炭酸飲料離れが進んでいるといいます。
生活習慣病の増加している日本でも同じような動きが見られるようになるかもしれませんが、肥満を予防して生活習慣病を減らすためには歓迎すべきことなのかも知れません。
posted by mabou at 22:05| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

脳卒中発症の確率算定

脳卒中になる確率を、血圧や肥満度などを勘案して算定できるということで、血管年齢の算定も可能といいます。動脈硬化は血管の老化とも考えられ、生活習慣病の心配がある方は一度血圧や肥満度などを点数化して脳卒中の発症する危険度というものを把握しておくことで、今後の食事や運動療法を含めた生活習慣の注意点が明らかになってくるかも知れません。
posted by mabou at 23:30| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たばこの陳列販売の中止

ニューヨークでは健康推進の一環でしょうが、たばこの店頭での陳列販売を禁止して、健康を害する喫煙習慣の減少を目指すことになったようです。
確かに、喫煙はCOPDや肺がんなどの原因になるといわれていて、健康増進には逆行する生活習慣といえ、若い世代の喫煙率を下げることは医療費の増加を抑制する意味でも大事なことといえるでしょう。
posted by mabou at 13:28| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

がん検診の受診率

胃がん検診や大腸がん検診などがん検診は働き盛りの世代にとっても需要で、がんの早期発見は生活の質を上げる上でも大事と思われます。
しかし、実際は働き盛りの世代にとってはがん検診を受ける時間的な余裕がないようで、休みの日にがん検診を受けられる医療施設が増えないと、なかなかがん検診の受診率を上げることも難しいようです。
posted by mabou at 23:17| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

膝の軟骨再生医療

今後は再生医療が進んでいくのでしょうが、事故などで膝の軟骨を損傷した場合に、自分の軟骨細胞を培養して再生させる方法が保険適用となるといいます。
再生医療についてはiPS細胞の登場で弾みがついていくと思われますが、実際の臨床の場へと今後はいろんな分野で利用がすすんでいくことでしょう。
posted by mabou at 07:26| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

食事と健康

食事が生活習慣病の予防に重要なのは多くの人が同意することでしょうが、どんな食事が生活習慣病の予防に役立って、健康上意味があるといえるのか考えてみると、約40年前の日本の食事は健康維持にうってつけといえるようです。
魚介類や野菜や海藻をよく食べているようで、内臓脂肪を減らすことにも役立ち長寿の可能性を高める食生活といえるようです。
posted by mabou at 23:06| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

飽和脂肪酸と生活習慣病

一般的には肉などに多いといわれる飽和脂肪酸は生活習慣病の予防には妨げとなると言われますが、確かに多くとりすぎると心筋梗塞の発症に影響してくることは心配されるそうです。しかし、飽和脂肪酸の摂取量が少なすぎても健康上は問題があるようで、脳卒中の発症が増える傾向が見られるそうです。
生活習慣病の予防にもいろいろ注意すべき点はあるようで、偏った食生活は避けた方がよさそうです。
posted by mabou at 21:47| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国の食品安全問題

中国では食品の安全性に問題があるようで、健康に有害な食品が数多く摘発されているようです。
もちろん先進国同様、肥満や生活習慣病の問題はあるのでしょうが、それ以前に食品や医薬品などから健康を脅かす物質が見つかっている事例の多いことが問題の根深さをあらわしているように思われます。
中国で健康上の有害食品を避けるにはどうすべきかは大きな課題のようです。
posted by mabou at 20:17| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

子供の肥満とおやつ

子供の中にも肥満傾向の子供が増えてきて、メタボ健診もおとなだけでなく子供にも必要になってくるかも知れないといいます。
こうした肥満を防ぐためにも、ひとつにはおやつがカロリーの高いことを認識して、おやつの食べすすぎに注意していくことで食事療法を行っていくことが大事なようです。
肥満が増えて子供にも生活習慣病が増えてきているようですから、食事や運動に気をつけるよう心がける必要がありそうです。
posted by mabou at 20:39| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

肥満と口内炎

口内炎の治療に使われている薬が肥満の抑制に役立つというニュースが報じられていて、代謝を増加させて肥満を減退させる働きが認められるそうです。
もちろん副作用などこれから確認が必要な点も多いようですが、人間の肥満の治療にも利用できる可能性があるそうで、アメリカでは肥満が大きな健康上の問題で生活習慣病の原因でもありますから注目されているようです。
posted by mabou at 21:49| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

脳梗塞とビール

ビールが好きな方は多いと思いますが、ビールには利尿作用があり、夜食の後などにビールを飲んでそのまま寝入ってしまうと、利尿作用から脱水状態となり、血液がどろどろ状態になってしまうと血栓を作りやすくなることから脳梗塞や心筋梗塞の危険性が高まるといいます。
一日に必要な水分摂取量はとれるように水分摂取をしておかないと寝ている間は水分摂取もしていませんから脱水に陥る危険がありそうです。
posted by mabou at 16:02| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

中国から大気汚染物質が?

中国では大気汚染が深刻な状況ということで、PM2.5という微粒子が喘息など呼吸器疾患の原因になる可能性があるといいますが、この大気汚染物質が日本にも飛来しているようで、各地で微粒子の検出が相次いでいるようです。
健康被害の防止に何らかの対策が必要なのではないかと思われますが、風に乗って飛来する微粒子をどうすれば防げるのか疑問です。
posted by mabou at 21:42| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

PM2.5の恐さ

中国では工場や自動車の排出するガスに含まれる微粒子が健康上の大きな問題になっているようです。
この微粒子は直径が2.5ナノメートル以下ととても小さく、普通のマスクでは防ぎきれないといい、気管支炎や喘息など呼吸器系の病気を引き起こすとして警戒されています。
こうした微粒子は日本にも飛来しているそうで、健康上の影響がないのか心配されるところです。
posted by mabou at 10:30| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒートショックの恐怖

寒い冬には暑い風呂であったまりたいと思うものでしょうが、風呂場と居室の温度差が大きい場合などに起きるヒートショックの怖さも知っておくべきでしょう。
入浴中の事故は少ないものでなく、特に高齢者などでは温度差が激しいと血圧の変動など体調の急変も起こしやすくなり脱衣場を暖めておくなど注意する必要があります。
posted by mabou at 00:47| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

入浴と健康

日本人は湯船に身体を浸らせる入浴法を好むようですが、お湯につかることは身体にとって負担にもなります。
例えば熱中症になって意識を失ったり、熱が出たり、いわゆる脱水症状に陥ったり、お湯につかることで血圧が変動したり心臓に負担になったりして健康上の悪影響が出ることもあるようで、一概に入浴が健康によい影響を与えるとばかりはいえないようです。
入浴に絡んだ事故も多いようですから健康上の注意はしておくべきでしょう。
posted by mabou at 22:21| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

低炭水化物ダイエットの危険性?

肥満が生活習慣病のもとになるということで目の敵にされている感がありますが、肥満の防止にダイエットするにもどんなダイエットがよいのか迷うところです。
でんぷん類を控える低炭水化物ダイエットが注目されていますが、長期的に炭水化物を減らすダイエットには疑問の声も上がっているようです。
何事もほどほどがよいようで、ダイエットもやりすぎることはかえって健康を害することになりかねません。
posted by mabou at 21:29| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルツハイマー病とベータアミロイド

高齢化が進み認知症のひとつアルツハイマー病も増加しているようですが、アルツハイマー病の原因物質とされるベータアミロイドも酵素の作用で分解すれば水溶性となって脳に蓄積されにくくなるといいます。こうした異常なたんぱく質の蓄積を防ぐことでアルツハイマー病の治療に結びつけることが可能になるかもしれないといいます。
認知症の治療に希望が持てるニュースといえるでしょう。
posted by mabou at 08:20| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。