2013年12月17日

高血圧治療薬のデータ

高血圧治療薬のデータについては実際の記録との違いも指摘されているようで、こうした不正まがいの論文が横行する現状はやはり問題があるといえるでしょう。
学術的な論文に製薬企業の影響が入り込むことは高血圧の治療にも影響が及びかねないと考えられ、早急に改善策が検討されるべきでしょう。
posted by mabou at 23:31| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

大豆ペプチドと血圧

これまで醤油といえば、味噌と同様、塩分が血圧を上げるとして、減塩醤油や減塩味噌が健康に関心が深い消費者向けに作られてきたわけですが、醤油の醸造過程にできる大豆ペプチドに血圧を低下させる効果があるそうで、特定保健用食品の認定を受けた醤油が販売されることになったそうです。
塩分を減らしておいしくなくなったとお嘆きの方も多いようですから、おいしく健康的な醤油として活用されるといいでしょう。
posted by mabou at 15:58| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

高血圧と降圧剤

有名な高血圧の治療薬の臨床試験のデータに改ざんがあったというニュースが記事になっていますが、案外こうした臨床試験データの改ざんは珍しくないのかも知れません。
やはり製薬会社としては、せっかく研究開発に資金を投じて売り出して行きたい新薬のデータが薬効無しでは困ってしまうということでしょう。
posted by mabou at 22:06| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

食塩摂取量の制限

日本人の食塩摂取量は世界的に見ても多いようで、健康寿命の延長を目指す中で日本人の食塩摂取量目標は8グラム以下とされたのに対し、世界保健機構では一日の食塩摂取量は5グラム以下を推奨しているようです。
高血圧の原因のひとつに上げられる塩分ですから世界標準に従って食塩摂取量を減少させたいと思う人も少なくないと思います。減塩食で健康寿命を延ばしていけるといいのですが。
posted by mabou at 22:03| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

中国人と高血圧

日本人も塩分摂取量が多くて、本態性高血圧が多い国と言われていますが、中国でも塩分摂取量は多いようで、高血圧の患者の増加が問題になっているようです。
塩分摂取が多いと喉が渇くでしょうが、水分を摂ることで循環血液量が増加するなど高血圧の元になるといわれています。高血圧は脳卒中や心臓疾患などのもとになる場合もあるようで、要注意です。
posted by mabou at 00:51| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

高血圧と減塩

高血圧で内服治療中の方は多いと思いますが、高血圧の際の血圧コントロールには減塩食が大事といいます。
降圧剤だけに頼るのではなく、食事療法と運動療法を組み合わせて良好な血圧コントロールが得られるように気をつける必要があるでしょう。日本の食事は塩分が多いといいますから減塩に工夫が必要でしょう。
高血圧のみならず生活習慣病では一般的に食事と運動に気をつけることが重要です。
posted by mabou at 23:25| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

血圧と身体の場所

血圧測定は普段は腕で測っていると思いますが、足首でも血圧が測定でき、大体腕で測った血圧と同じくらいになるのが正常といいます。
あまり腕の血圧より足首の血圧が低い場合には、動脈硬化の進行が疑われるそうで、閉塞性動脈硬化症などの病気が潜んでいるかもしれないといいますから要注意です。
posted by mabou at 07:40| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

高血圧の予防

高血圧は心臓に負担となって心不全を引き起こす場合もあるそうですが、日本人には遺伝的に高血圧を発症しやすいところもあるということです。
遺伝のほかに生活習慣も大事な発症要因で、高血圧の予防には、減塩をして運動を習慣的に行うなど、いわゆる生活習慣病の予防と共通する点が多いようです。カロリー摂取過多で肥満になるのも高血圧のリスクを高めますから食べ過ぎは止めたほうがよさそうです。
posted by mabou at 22:19| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

震災と高血圧

阪神大震災の後にも観察されたそうですが、東日本大震災の後に測定した高血圧患者の血圧は震災後には上昇が見られ、1ヶ月程度は続いたといいます。
したがって、高血圧患者の血圧管理が震災後には必要で、血圧計や降圧剤などを準備しておくことが勧められています。
他の生活習慣病にもこうした注意は当てはまると思われ、震災などの災害時の対応を考えておくべきでしょう。
posted by mabou at 07:02| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

高血圧の原因遺伝子

世界的な高血圧遺伝子の調査によって、原因遺伝子の特定が進んでいるといいます。
いわゆる遺伝と環境が生活習慣病の発症には影響しているといわれますが、高血圧の原因遺伝子が特定されることで将来的な高血圧の発症予防に役立つのかもしれません。
日本では本態性高血圧が多いといわれますから、将来的には高血圧の患者数を減らすことに役に立つかもしれません。
posted by mabou at 07:37| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

アルゼンチンの塩分制限

日本人も塩分の摂り過ぎといわれ、高血圧の人が多いといわれますが、アルゼンチンでも塩分摂取量が多すぎて高血圧が増加する原因になっているといわれ、レストランなどで食卓塩を置かないようになるといいます。
もちろん食塩が欲しい人には持ってきてくれるということですが、塩分過多が高血圧患者を増やしていると考えられているようです。
生活習慣病の予防にはカロリー過多のほかに塩分の摂取制限も今のところは勧められているようです。
posted by mabou at 23:25| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

高血圧の原因遺伝子発見

欧米ではすでに高血圧の原因遺伝子が報告されていたそうですが、今回、東アジアでも同じような高血圧の原因遺伝子が発見されたということです。
高血圧は日本人には多く見られる病気ですが、食生活で塩分摂取が多いことが問題のひとつと思っていたら、遺伝的に高血圧になりやすいケースも多いと思われます。
食事療法や運動療法で高血圧の予防に努める必要があるでしょう。あるいは高血圧もあまり自覚症状がないことも多いので定期的に健康診断を受けて高血圧の早期発見に努めましょう。
posted by mabou at 07:43| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

高血圧と年齢

高血圧の一番の原因は動脈硬化による血管の柔軟性の喪失といわれ、年齢によって目標とする血圧目標値も変わってきます。高齢者では若年者よりも血圧の管理目標値も高めに設定されています。
高血圧のコントロール目標値は年齢のほかに、合併症によっても変わってきます。例えば、糖尿病などほかの生活習慣病があれば血圧コントロールの目標値は低めに設定されることになります。動脈硬化は生活習慣病には共通する病態といえるでしょう。
血圧は高すぎても低すぎても健康上の問題になってきますから、適度な血圧コントロールが大事といえるでしょう。
posted by mabou at 00:27| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

高血圧と寒さ

高血圧の方にとって寒い冬は血圧が高くなって注意が必要のようです。
特にお風呂の脱衣所は急に寒くなって血管が収縮すると血圧が上昇して倒れる方もいるようで、あらかじめ暖めておくなど用意が必要でしょう。部屋の寒暖の差は心臓血管系に問題を持つ方にとっては注意が必要です。
トイレも寒くて、おまけに便秘でいきんだりすると血圧が上昇しやすくなると思われます。
高血圧の方は気温の変化にも注意をはらう必要があります。急に寒くなったり暑くなったりした際には部屋の温度管理に注意が必要です。
これからはもう少し温かくなるでしょうが、熱すぎても熱中症や脱水症が発生しますから血圧を安定させるためにもほどほどに温度管理をする必要があります。
posted by mabou at 14:21| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

高血圧と生活習慣

高血圧になりやすい生活習慣については、昔からいわれるように塩分の摂り過ぎは循環血液量の増加を招くようで血圧も上昇しやすくなるといえるでしょう。食事についてはカロリーオーバーで肥満になるような食事では、動脈硬化を進行させて血管が硬くなるため、血圧が上昇する危険性はあるでしょう。動脈硬化は血管の老化ともいわれ、悪化すると血管の閉塞にもつながります。
現代人の運動不足も高血圧の原因になっている可能性があり、スポーツジムに通ったり、ジョギングしたり、自分なりに有酸素運動を持続して行うことが運動不足の解消に役立つでしょう。
posted by mabou at 22:44| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

高血圧とストレス

高血圧症の場合、ストレスは血圧上昇を招くようで、めまいや頭痛の原因にもなるようです。
仕事や家庭のストレスを上手に解消していかないと、降圧剤にだけ頼って血圧コントロールすることは簡単ではないと思われます。
高齢化が進み、老老介護など、新たな問題が出現し、家庭内でのストレス増加に関与している場合もあるようです。
できれば軽い運動など身体を動かすことも緊張感を解きほぐしリラックスできるのではないかと思います。
精神的なリラックスも大事で、アロマセラピーなどいろんなリラックス法が行われていますから試してみるのも一法でしょう。
posted by mabou at 07:11| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

高血圧とストレス

現代社会はストレス社会といわれ、ストレスが強く長く続くと自律神経の交感神経の緊張状態が続き血圧上昇傾向に拍車がかかるようです。血圧上昇は血管壁の傷害を引き起こし動脈硬化を早める傾向があるようで、ストレスの連続は高血圧の危険因子となるようです。
忙しい現代人には難しいかもしれませんが、ゆったりと過ごす時間が高血圧予防にも大切なようです。せかせかばかりしていては生活習慣病にかかりやすくなる可能性があるようです。
posted by mabou at 07:45| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

高血圧と日本人

日本の食生活は世界中から寿司をはじめとして低カロリーの和食が肥満をはじめとする生活習慣病予防によいと注目されています。しかし、塩分摂取が多すぎることから高血圧症が多く見られ、脳卒中の死亡率が高いと言われてきました。そういわれれば、梅干にしろ、味噌汁にしろ、お新香にしろ、塩分は多いといえるでしょう。
味噌や醤油といった調味料からして塩分が多いので、簡単ではないでしょうが、なんとか塩分制限を工夫して健康的な食事を続けていきましょう。世界中でヘルシーで人気の和食をさらに健康的に楽しむ工夫を考えて見ましょう。
高血圧は動脈硬化の危険因子になるそうですから自覚症状がないからと放置しておくことは避けましょう。
posted by mabou at 20:59| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

高血圧と心臓

高血圧も糖尿病などほかの生活習慣病と同じく自覚症状に乏しいため放置されることが少なくありません。
しかし、高血圧を放置しておくと、動脈硬化の進展をはやめ、心臓に負担をかけることになって、心臓弁膜症の引き金になる場合もあるようで、弁置換術が必要になることもあるといいます。
心臓がへばってくると心不全状態になって、むくみが足に見られたり、動くと息切れがしたり、身体を動かすことが辛くなってきます。高血圧を放置することは他の生活習慣病と同じくおすすめできません。
posted by mabou at 22:26| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

高血圧性脳出血

高血圧は生活習慣病のひとつといえますが、他の生活習慣病と同じく、特別な症状にかける場合が多いため、放置される場合も少なくありません。しかし、脳内の血管が破れて出血する高血圧性脳出血など怖い病気に注意する必要があります。
働き盛りを襲う脳出血に倒れないためには、会社などで健康診断を毎年受けて、引っかかったら再検査を受けて対策を相談するくらいはしないと健康維持はおぼつきません。血圧コントロールは血圧の高い方には重要になってきます。
posted by mabou at 21:57| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。