2013年01月04日

魚食と痛風

日本では肉を食べるより魚を食べる方が健康的でヘルシーだといわれていますが、あまりに偏って魚を食べ続けるのもプリン体の摂取量が増えるそうで高尿酸血症から痛風の発作を引き起こす可能性が高くなるといいます。
魚好きの人は注意しておく必要がありそうで、魚食で健康的な食生活を考えるのは間違いではないのでしょうが、食べ過ぎるのも考え物かも知れません。
posted by mabou at 12:44| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

痛風とビール

アルコールの飲みすぎは健康を害するもととなるのでしょうが、特にビールにはプリン体が多く含まれているそうで、プリン体が代謝されて尿酸になって高尿酸血症を引き起こすもとになるといいます。
尿酸が関節内で結晶化すると関節炎を起こして激しい痛みを伴うため痛風と名が付いたといいますが、生活習慣病の場合に多く見られるのが高尿酸血症だそうですから気をつける必要があります。
posted by mabou at 21:51| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

尿酸値とアルコール

暑い夏が来て、ビールのおいしい季節となりましたが、アルコールの摂取は尿酸値を上昇させるため、痛風の方にはアルコールを控えてほしいものです。
アルコールは尿酸値を上昇させることが多く、やはりよく言われるように休肝日を作って飲む量も抑えておくことが必要でしょう。痛風の痛みに苦しまなくてすむようにアルコールは過剰に摂取しないよう注意しましょう。
posted by mabou at 18:01| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

通風と腸管

通風の原因となる高尿酸血症ですが、これまでは排泄低下型と産生過剰型に大きく分けられてきましたが、産生過剰型の中には腸管からの尿酸排泄が低下した型が含まれている可能性があるといいます。
つまり尿酸の排泄には腎臓だけでなく腸管も重要な働きを果たしているようで、腸管からの排泄低下が痛風の原因になっている場合もあるようです。今後の高尿酸血症の治療にも役立ちそうな知見です。
posted by mabou at 07:33| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

現代人と高尿酸血症

メタボ検診が始まって生活習慣病の予防に力が入るようになった方も少なくないでしょう。糖尿病や脂質異常症にまじって痛風発作を起こすもとになる高尿酸血症が増えているようで、グルメの方がふえていることの反映なのかも知れません。
豊かになれば食べる物にお金もかけられ、高カロリーのおいしい食事が増えると血中尿酸値が上昇してくるのも自然といえますが、病気の予防を考えるなら生活習慣病の予防には食事療法が第一になることを知っていく必要があります。おいしいものは量を控えめに、食べ過ぎると生活習慣病の予防によくありません。腹八分目を守って健康維持に結び付けましょう。
posted by mabou at 21:37| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

痛風

痛風は風が起きても痛むということから痛風といわれるそうですが、血中尿酸値が高くなくても痛風発作が起きることはあるようです。
足の親指の関節が赤く腫れ上がって激痛が走るということで、発作の緩和にはコルヒチンが使われています。発作がおさまればいわゆる尿酸値を下げる薬が使われるようです。
内臓などの臓物を使った料理(ホルモンなど)が好きな方は要注意で、プリン体を多く含む食事には注意しましょう。生活習慣病の改善には食事療法が基本です。
posted by mabou at 22:08| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

健康診断で高尿酸血症と

健康診断で高尿酸血症といわれても、他の生活習慣病同様、放置している方も少なくありません。10年以上も放って置いて、医者から薬を飲むように言われてもなかなか薬物療法を開始しない場合もありますが、尿酸の生成を抑える薬なり、尿酸の排泄を増やす薬を飲むなりしないと痛風の発作を起こしかねません。
足の痛風発作は風が吹いても痛むといいますから、自覚症状がないからと放置するのはまずいと思われます。
posted by mabou at 13:33| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

プリン体の恐怖

プリン体という肉やホルモンなどスタミナ系の食材に多く含まれるものが、代謝されて尿酸になるといいます。食生活は野菜中心のあっさり系が、高尿酸血症といわれた方にはよろしいようで、運動してカロリー消費を増やすことは他の生活習慣病と同様に推奨されます。
糖尿病など生活習慣病の方がなることも珍しくなく生活習慣の見直しが必要でしょう。薬は尿酸生成抑制薬が使われることが多いようですが、薬だけに頼らず健康的な食事と運動習慣も取り入れることが重要です。
posted by mabou at 17:51| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

尿酸値の高値

生活習慣病の予防のためのメタボ健診で尿酸値が高いといわれる方が増加しているようです。尿酸は血中に溶けにくく関節などで沈着して痛風発作を起こすといわれ、10年くらいの期間をかけて沈着するといいます。
高尿酸血症には尿酸の腎臓からの排泄が低下している尿酸排泄低下型と尿酸の産生が亢進した状態の尿酸産生亢進型があって、生活習慣病に関連するのは後者の尿酸産生亢進型が多いといえます。まずは、尿酸産生の原料となるプリン体を多く含む肉類やビールなど高カロリーの食事習慣があれば見直しをして食事療法で対処してみましょう。
posted by mabou at 07:14| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

食生活と痛風

よく言われることですが、食生活の欧米化とともに肉好きの人が増え、プリン体をたっぷりとって、高尿酸血症から痛風発作を起こす方が増えているようです。
生活習慣病の中にある生活習慣のうちでも食事は大きなウエートを占めると思われ、生活習慣病の改善には食事内容の改善が欠かせません。
野菜中心で低カロリー食物繊維豊富な食事を心がけたいものです。
腹八分目に抑えることは簡単ではなく、ストレスが多いとさらに食欲をコントロールするのが難しくなるようで、要注意です。
posted by mabou at 17:37| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

生活習慣病とアルコール

アルコールを飲みすぎる習慣があると、当然のことながらアルコールもカロリー摂取源になりますから生活習慣病の危険因子のひとつと考えられます。
特に、高尿酸血症や脂質異常症などを合併しやすいようで、生活習慣の改善や変更を考えないと健康維持は難しいのではないかと思われます。
お酒の飲みすぎやアルコール依存症は健康上、生活習慣の問題として捉えられ、健康維持増進上の大きな問題となる可能性があります。
posted by mabou at 02:49| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

痛風と栄養

高尿酸血症があると関節内で尿酸が結晶化して、針のような尿酸の結晶が刺激となって痛風発作を起こすといわれます。痛風は戦後のように栄養状態が不良の時代には少なく、糖尿病と同じように栄養状態が改善されてカロリー摂取過多となった時代に応じて増えてきた病気と考えられます。
したがって栄養失調になるのは問題ですが、適切な食生活で適切なカロリー摂取に努めれば高尿酸血症や糖尿病は減少してくるはずと考えます。生活習慣病の予防で健康的な老後を送りましょう。
posted by mabou at 19:29| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

プリン体恐怖症

血液中の尿酸値が高いといわれると尿酸がプリン体の代謝からできることからプリン体を多く含む食品を避ける方がいるようです。しかし、あまり厳密にしすぎると、それこそ食べるものが無くなりかねませんから動物性タンパク質を減らすなど、一般の生活習慣病の予防と同じような注意をしておけば十分ではないかと思います。
それよりも、日頃の生活習慣のチェックと暴飲暴食やお酒を控えるなど生活習慣病と同じような注意をすることが基本となるかもしれません。
お酒を飲む方はお酒そのものだけでなく、お酒のつまみが要注意ではないかと思います。カロリー摂取過剰を避けて生活習慣の見直しを進めてください。
posted by mabou at 21:12| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

尿酸値の上昇

尿酸は昔から贅沢三昧の食生活を続けた場合に発症するぜいたく病として知られていて、実際、皇帝がかかる病気といわれ、質素な食生活を続けている方々には起こりにくいと思われます。
日本でも戦前にはほとんど見られなかった病気だそうで、カロリーオーバーがなければ、あまり起きそうもない病気ではないでしょうか。
ということは、食生活を改善してカロリーコントロールをしていけば、高尿酸血症を克服することは可能でしょうし、痛風になって痛みに苦しむことも無くなることでしょう。
生活習慣の改善が疾病の改善に結びつく良い例ではないでしょうか。生活習慣の改善こそが薬物療法に匹敵する結果を残せるのでしょう。
posted by mabou at 22:21| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高尿酸血症と痛風発作

の原因になる病態で、血液中の尿酸値が上昇しすぎると結晶化して析出し、関節内では針状の結晶が炎症を起こして腫れ上がるといわれています。これは、風が炎症を起こしている部分に当たるだけでも激痛を生じることから、痛風発作と呼ばれ、足の指の親指の付け根部分に起きやすいと言います。
尿酸が貯まるのも生活習慣と関係があるといわれ、特に食生活との関連は深いと思われます。肉類を多く食べて、野菜不足になるなど食養生と遠く離れたような食生活は中止して、ヘルシーな食生活に戻すことが肝心です。

他の生活習慣病と同様に野菜を中心にした食物繊維の豊富な食事を中心に食べていただきたいと思います。
posted by mabou at 00:01| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

高尿酸血症の治療の注意

高尿酸血症も生活習慣病の一種と考えてよいと思いますが、治療上は大きく2つの治療が考えられます。
ひとつは、体内での尿酸生成を抑えるような薬剤で尿酸の産生量が減少しますから血中尿酸値の減少が期待できます。
もうひとつは、体内で作られた尿酸の排泄を促進して対外に排出してしまうことで血中尿酸値の減少を期待しようとする薬剤です。この場合は、腎機能や尿路結石などに注意する必要があると思われます。腎機能障害や尿路結石などを起こしやすくする可能性があると思われるからです。
いずれにしても、食事療法が高尿酸血症対策の第一に挙げられると思いますから、他の生活習慣病同様、減量や運動習慣の導入など生活習慣の改善をまずは図ってみる必要があるでしょう。
posted by mabou at 15:55| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

尿酸のもと

高尿酸血症の原因物質は尿酸とされ、プリン体という核酸を作る物質がもとになって代謝されて尿酸が出来るといわれます。
よく言われるのは、食生活で野菜を食べずに肉を中心に食べている場合には起きやすいのが高尿酸血症といわれます。
ビールをたくさん飲んでおつまみをたくさん食べる方も注意が必要といわれます。
食生活を中心としたライフスタイルが高尿酸血症を起こすといえ、尿酸は針状の結晶で関節内では結晶化して炎症を起こして、風が吹いただけでも激しい痛みを引き起こすことから痛風と呼ばれています。
posted by mabou at 07:18| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

メタボリックシンドロームと痛風

痛風はいわゆる高尿酸血症のことで、尿酸が関節腔内で結晶化して針状となると痛みが遅い、炎症で腫れ上がります。痛風発作と呼ばれる激痛が襲ってきます。
この高尿酸血症も生活習慣病の一種と考えられ、高脂血症や高血糖と同じく、ライフスタイルの問題点を示す病態として考えてよさそうです。
やはり、野菜を中心に偏りのない食生活がすすめられているように、高カロリーで動物性脂肪の多い食生活では痛風になる危険性に注意が必要でしょう。
痛風の方はほかの生活習慣病がないかメタボの健康診断などでチェックしておくべきでしょう。特に、糖尿病はその合併症の深刻さから要注意ではないかと思います。
まずは食生活をチェックして、食べすぎではないか思い返して見てください。食べすぎがあれば体重増加から肥満があると思いますので、減量して標準体重なり自分の若い頃の体重なりを目標に減量してみてください。
posted by mabou at 21:09| 高尿酸血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。