2013年12月19日

サルコペ二ア肥満とは

サルコペ二ア肥満とは筋肉量が減少した肥満のことを言うそうで、見た目はそこまで太って見えないものの、筋肉が少なく脂肪は多いため、高血圧や糖尿病になるリスクが高いといいます。
運動が不足すると筋肉細胞はやせ細って、もちろん運動不足で消費カロリー量が減少すれば余剰のカロリーは脂肪となって身体に蓄積されることとなり、高血圧や糖尿病など生活習慣病のリスクを高めることになります。
posted by mabou at 22:47| 健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。